錆びない・腐食しない・取扱がラクな商品を厳選「工業用防錆剤EXPO」 » 金属別 防錆剤一覧 » 亜鉛

公開日: |最終更新日時:

亜鉛

亜鉛は金属のなかでも融点が低く、鉄などに比べて熱膨張率が大きいという特徴があります。また、鉄材の防食として欠かせない存在としても知られています。

ここでは、亜鉛が錆びる原因や亜鉛に適した防錆剤の種類などを紹介します。

亜鉛が錆びる原因

塩化ナトリウムや酸、アルカリによって白さびが発生

亜鉛の特徴として、イオン化傾向が大きく鉄よりも錆びやすいという点があります。亜鉛は錆びると白さびを発生させ、白黒の粉が付着したような状態になります。

この白さび(塩基性炭酸亜鉛等)は亜鉛が水や空気と反応することで発生します。とくに酸やアルカリ、塩化ナトリウム、塩化カルシウム等の化学物質の影響で発生しやすいため、乾燥しにくく水分が溜まる環境を避ける必要があります。たとえば雨や結露、湿気の多い場所や海岸地帯など。また、融雪剤にも塩化ナトリウム等が含まれているため、亜鉛に付着すると白さび発生の原因になります。

亜鉛の白さびは鉄の赤さびを防ぐ

ただ、亜鉛に発生した白さびは耐食性にはほぼ影響しないといわれており、むしろ白さびが耐食性を維持すると考えられています。亜鉛めっきが酸化すると水酸化亜鉛の被膜をつくり、被膜は亜鉛自体の錆の進行を遅らせるため、亜鉛めっきに包まれた鉄が錆びないようにしてくれるのです。

このように亜鉛はメッキを施した他の金属を錆から守ることができるため、亜鉛めっきを施した鉄材は建材や自動車、家電などに広く用いられています。しかし、亜鉛に発生した被膜は消耗し続けるため、白さびを放置し続けると内部の金属が錆びてしまう可能性もあります。そのため、亜鉛の白さびを防ぐ防止剤の活用がおすすめです。

亜鉛に適した防錆剤の種類

亜鉛めっきは鉄の赤さび発生を抑制する役割をもっています。そのため亜鉛自体が防錆効果を発揮していると考えられ、防錆剤として亜鉛めっきが用いられることもあります。しかし亜鉛の白さびを防ぐことで更に耐食性がアップするため、通常の防錆剤で亜鉛に効果を発揮するものや、白さび防止剤を活用すると良いでしょう。

亜鉛白さび防止剤

白さびの進行を防ぎ、めっきの光沢を維持する役割をもつ白さび防止剤です。白さびの進行を遅らせることで鉄の赤さび発生を防止できます。重金属類を含まない種類もあり、希釈して浸漬やシャワー、エアーレスガン方法などで塗布できます。

防錆剤を使用する際の注意点

水分や湿気に要注意

鉄製品に防錆効果を発揮する亜鉛。亜鉛に生じる白さびを防止するためには白さび防止剤が有効です。また、亜鉛は水分に弱いため、湿気の多い環境で保管しないようにしましょう。

また、融雪剤の側に置くことも避けましょう。亜鉛めっきを施した材料や製品は水はけの良い環境に置き、雨が降るときにはシートなどで覆うようにします。晴れたらシートを外し、風通しを良くすることも大切です。

THREE SELECTIONS
使いやすさで選ぶ
気化性防錆剤おすすめ3選

防錆剤が入った容器や袋の中に対象金属を同梱する、シートで覆うだけで優れた防錆効果が得られる気化性防錆剤。ここではその中でも国産で使いやすい(※)気化性防錆剤を種類ごとに厳選して紹介します。
※国産の防錆剤の中でも、使いやすさを示したアイコンの該当項目が多い商品を、パック型防錆剤、防錆紙、防錆フィルムからそれぞれ1つずつ選出しています

ポンと入れるだけ!
15分ですみずみまで
しっかり防錆

城北化学工業
「ラン・ラン」
(パック型防錆剤)

城北化学工業「ラン・ラン」の商品画像
画像引用元:城北化学HP ラン・ラン(https://www.johoku-chemical.com/lanram/)

使いやすさ・用途

  • 即効性
  • 大容量防錆
  • 複雑な形状
    でも防錆可
  • 繰り返し利用
  • ゴミ・廃棄
    コスト削減
  • 手に触れる
    部分の防錆
  • 無臭
  • 通販あり

特徴
・防錆成分の拡散までわずか15分。気化力に優れ複雑形状の金属にも幅広く活用
・サイズが小さく密閉容器に入れるだけなので、包装や廃棄の手間が少ない
・密閉容器や密閉袋を用いた金属の保管時におすすめ

包装と防錆を一度に!
ラインナップ豊富な
防錆紙メーカー

アドコート
「アドパック」
(防錆紙)

アドコート「アドパック」の商品画像
画像引用元:アドコート株式会社・トップ アドパックラインナップ・トップ アドパック‐ G (鉄鋼用含浸タイプ) (http://www.adpack.jp/lineup/type_gk.html)

使いやすさ・用途

  • 即効性
  • 大容量防錆
  • 複雑な形状
    でも防錆可
  • 繰り返し利用
  • ゴミ・廃棄
    コスト削減
  • 手に触れる
    部分の防錆
  • 無臭
  • 通販あり

特徴
・気化性防錆紙専門メーカーならではのラインナップで様々な使い分けに対応
・バリア材との併用でさらに防錆力アップ
・部品や金属の包装を兼ねた防錆におすすめ

目的や用途に応じて
形状や性能をカスタマイズ
可能

アイセロ
「ボーセロン」
(防錆フィルム)

アイセロ「ボーセロン」の商品画像
画像引用元:アイセロHP アイセロの挑戦02 ボーセロン®物語「アイセロの未来をかけた戦略商品のサクセスストーリー」(https://www.aicello.co.jp/recruit/about/challenge/boselon/)

使いやすさ・用途

  • 即効性
  • 大容量防錆
  • 繰り返し利用
  • ゴミ・廃棄
    コスト削減
  • 複雑な形状
    でも防錆可
  • 手に触れる
    部分の防錆
  • 無臭
  • 通販あり

特徴
・フィルムが透明なため海外輸送での防錆・梱包に役立つ
・ヒートシールによる密封やフィルムを利用した自動包装ができるため、密閉袋兼防錆剤としても利用可能

※2021年2月時点の情報。公式HPに記載の内容をもとに評価しています
※注釈:アイコンの意味
・繰り返し利用(効果がなくなるまで繰り返し利用できるかどうかで調査)
・即効性(浸透スピードに関する内容を公式HPに記載しているか)
・通販あり(すぐに必要な時に手軽に注文できるECサイトや通販サイトでの販売はあるか)
・防錆の工数が少ない(手間をかけずに防錆できるか)
・無臭(食品工場や家庭用商品など臭いを気にするニーズに応える商品に使用できるか)
・手に触れる部分の防錆(手に付いた時に落ちないか・使う時に手袋をはめた方が良いのか)
・ゴミ・廃棄コスト削減(段ボール一箱分の防錆をする際のゴミの大きさが15cm以内か)
・大容量防錆(ドラム缶サイズの防錆は可能か)

使いやすさで選ぶ
気化性防錆剤
おすすめ3選
使いやすさで選ぶ気化性防錆剤
おすすめ3選